生命保険のタイプ

「何かあった時のために」掛けておくのが「保険」です。
その保険の中でも、特に「万が一」の事態に対して掛けておくことになるのが「生命保険」でしょう。
生命保険はその名前の通り、生命が失われた時に効果を発揮する保険です。
そのため、保険を掛けた本人、契約者自身にはその恩恵が発生しません。
残された人に対してお金を残すことができる、というのが生命保険の持っている意味であるといえます。

さて、そんな生命保険には大きく二つの種類があります。
「積立保険」と呼ばれるものと「掛け捨て保険」と呼ばれるものです。
この二つを名前だけで見比べると、前者はいかにも節約的で、後者はいかにも無駄遣いのような印象を与えてしまうでしょう。
しかし、実際のところはそれほど単純なものではなく、どちらが優れているのかは人それぞれ考え方によって変わってきます。
それでは、まず仕組みとしてどのような違いがあるのかについて説明します。

積立保険というのは、もし生命保険としての効果が保険期間内に発生しなかったとした場合、今まで支払ってきた保険料が満期を迎えた際に返戻金として戻ってくる仕組みになっています。
さらに、利子もついて支払った額よりも大きくなって帰ってくる、という仕組みです。
もちろん期間内に亡くなった場合には本献金が支払われます。
これに対して掛け捨て保険というのは、期間内に保険効果が発生しなければ特にフォローはありません。
支払った保険料は戻ってきません。



[管理人注目サイト]
生命保険や医療保険など保険見直しについて相談が可能です →→ 保険見直し